2021年10月9日〜10日 第4回ソフトテニスサークル ベルツリー合宿 (滋賀県)

2021年10月17日 07:14
カテゴリ:イベント

2021年10月9日〜10日
第4回ソフトテニスサークル ベルツリー合宿
(滋賀県)

男性19人、女性16人
全部で35人

今年も恒例の第4回合宿を開催しました。
この合宿については毎年天気だけが心配ですが、もう本当にホッとしました。
もし雨降ったら、、その場合の事そろそろ考えとかないといけませんね。。
って、何度も考えてるのですがどうしたらいいのか答えが出てません。
なので、絶対に雨降られると困ります。

当日を迎えて、、今年は車の配車的に大阪から6台、京都から2台の合計8台です。
大阪組は京橋に6時30分に待ち合わせて車6台で出発。
例年、必ず遅刻がいてるのですが今年初めて遅刻者0の快挙です。
そろそろ私が時間に相当厳しい事が皆さんにご理解頂けたのでしょうか、、

毎年になりますがこの合宿では必ず屋内コートと屋外コートを確保して開催しています。
万が一、天気が悪かったとしても最悪テニスだけは皆さんに楽しんでもらいたいとの思いから、両方のコートを半年前から確保しています。
今年は1日目につきましては最初から屋内コートのみで練習と決めてましたので屋外コートは確保しておりません。
(次回からもこのスタイルにします)

初日のスケジュールは

10時〜15時
基本練習

今年も去年同様、練習進行を運営メンバー以外にお任せしました。
もう任せて安心なメンバーが数人いてるので何も心配はしてませんでした。
きっと楽しく練習出来たと勝手に思ってます。

そして準備組(運営)第1陣は11時から設営をしに宿へ、、

第2陣は12時30分〜設営をしに宿へ戻ってきてもらいました。

16時頃からお風呂を入り終えたメンバーが続々と会場に来てくれてバーベキューがスタート!お肉、焼きそば、魚、おにぎり、お菓子、用意してました。
それから夜が更けていき、翌日のペア決め、花火と例年通りのスケジュールをこなしました。
今年からキャンプファイヤーと打ち上げ花火が禁止になってしまい、、それだけが残念な点です。

21時過ぎに片付け始めて一旦、部屋に戻り、そこからは部屋飲みスタート。
私は疲れすぎて1時間30分ほど寝てしまいましたが深夜0時頃、部屋飲みに参加したらほとんどの人が、まだまだ飲みまくってたのでビックリしました。笑

それから夜中3時頃まで散歩したり部屋飲みしたり合宿ならではの最高の時間となりました。個人的にはこの為に合宿してる様なもんです。

翌日は朝食7時20分からでみんなで頂きますの挨拶をして8時30分には2日目が始まりました。

9時から第4回ベルツリー合宿カップを開催しました。
今年はちゃんとラジオ体操からスタート。

早めに大会も終わって2時間ほど余りましたので残りの時間は自由に適当にペアを組んだりしてゲームをして楽しみました。
最後に表彰式、記念撮影してフィニッシュ。
女子は大会3連覇でこのペアでははデビュー戦以来、市民大会(個人、団体)含め、サークルの大会も全て一度も負けたことありません。おそらく絶賛15連勝中くらいだと思われます笑笑

汗をたっぷりかいたのでもう一度宿に戻りお風呂に入って17時頃に現地にて解散となりました。

もう恒例行事となってきた合宿です。
皆さんが楽しみにしてくれてるのも、充分に理解してるつもりです。

私個人としては朝まで飲みたかったのですが、、この合宿を迎えるにあたって色んな思いがありメンタル的に疲れ果ててた事が大きく、、途中で寝てしまってました。

正直、私個人としては全然気乗りしてない合宿なのですがみんなが楽しみにしてるのがすごく伝わってくるので何とか歯を食いしばって開催しました。
来年も楽しみにしてますとみんなに言ってもらい、、とてもありがたくて嬉しいのですが、、

でも、、
また来年もやるのかぁ、、と思ってる部分もあります。
みんなが楽しみにしてくれてるのはわかってるつもりですが、、
合宿に限らず飲み会とかも楽しめるように自分で何とかしないといけないのですが、今のところ何にも楽しくないという状態が続いてます。
誰が悪いとかではなく自分の問題なのでちゃんと解決しなきゃいけないなぁとは思ってるのですが、なかなか難しいです。

いつまで続けれるかわかりませんがメンタルが保てる間、この合宿だけはみんなの為に何とか続けてやっていきたいとは思っています。
次は節目の5回目になりますし、もう来年の合宿に向けて気持ちを少しずつ作っていきます。
来年の当日1番良い状態で迎えても帰る頃にはHPは大きくマイナスになってる、、私だけはメンタルが大変、、そんな合宿です。
立場上仕方ないと割り切ってやるしかないですね。。


もしこの活動報告を読んで興味を持って下さった方がいれば、一度お気軽にお問い合わせ下さい。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)