2022年6月5日 第284回(リスタート) 285回 練習会

2022年06月27日 17:30
カテゴリ:練習会その他

2022年6月5日 第284回(リスタート)
285回 ソフトテニス 練習会

鶴見緑地
9時〜11時 1面
男性6人、女性6人、全部で12人

鶴見緑地
11時〜13時 2面
男性10人、女性10人、全部で20人
(初参加は男性1人、女性1人)

かつてベルツリーは最大209人まで膨れ上がりましたが

6/5 現在
男性 28人 女性 36人 合計 64人

ここまで人数が減りました。この数字はベルツリーが出来て半年くらいの歴代最少人数レベルとなってます。

色んな事があってこの形になりました。

でもベルツリーはこの練習会からリスタートします。

この日はベルツリーリスタートの日としては最高のメンバーが揃いました。他にももちろんいてますが私が最も信頼してるメンバーの1部です。私にとってとても大切な人達です。
ベルツリーが出来て約6年、このメンバーと知り合う為の時間でした。信頼を築く為の必要な時間であり、無駄ではなかった6年間だったと思います。あれだけ厳しい話し、辛い思い、嫌な思いをさせても何の迷いもなく即座に戻ってきてくれた何者にも変えがたい大切な大切な大切なメンバーです。サヨナラをする覚悟を持ってかなり難しい選択肢を出しましたがそれでも私を信じてすぐに戻ってきてくれました。
どこに行ってもいいと話したのに私から離れなかった人達です。

この日をとてもメモリアルな日として忘れてはいけない日だったと思います。

この日を迎えるまで私のメンタルは崩壊してました。食欲もなく寝れずにずっとずっと色んな事を考えてました。
信頼できるメンバーに泣き言言いながら、聞いてもらいながら何とか息だけして生きてた感じです。もう本当に死にたかった。身近に誰もいてなければホンマに死んでたかもしれません。手や足も時々痙攣も起こして吐いたりもいっぱいしました。嫌な事もめちゃくちゃ頭に思い浮かびました。たった1週間なのにかなり痩せました。このままならホンマに死んでしまうと思って運営メンバーに自宅に来てもらいました。とにかく自分を誰かに見守ってほしかった。完全に心が壊れました。
ホンマにこの1週間めちゃくちゃ辛かった。

本当にコレで良かったのか?みんなの大切な関係を切り裂いてしまった責任をずっと感じてました。

それでも前を向いてやらなきゃいけない、、こんなに傷つくならもうやりたくない、、その2つがずっと頭の中をグルグル回ってました。

この初回の9時からの練習会に来てくれた人達がどんな気持ちで来てくれるんだろう?
ベルツリー面白くないなぁって思うんやろうか。。前の方が良かったなぁとか思うんやろうなぁとか。。
もう色んな事を考えて6/5、鶴見緑地に行きました。
でも来てくれたみんなは温かくて優しくてリップサービスでも『楽しかった』って言ってくれた事は何よりも良薬でした。
そんなハズないのはわかってるけど。。
でも今日だけはその言葉に酔いしれたくて甘えたい。それだけ傷ついたメンタルは優しさを欲してる。。
本当は色んな事を思ってるやろうけど、それでもこんなに優しい言葉をかけてくれるこの人達は絶対に大切にしなきゃいけない。
とにかくそれだけを思った2時間だったのであんまり練習内容とかは覚えてません。

練習終わったら飲みにまでみんな付き合ってくれました。ベルツリーの初期からいてて今まで一度も飲み会に参加した事なかった人も今日だけはわざわざ初参加してくれました。
きっと色んな事を思ってくれての事でしょう。。

4ヶ月ぶりに練習に来てくれて飲みにきてくれた人もいてる。わざわざ今日は飲みに行くんですか?なんて普段そんな事言わないのに柄にもなく聞いてくれました。。

次の日が東京にて転職初日出勤で新幹線始発乗らなきゃいけないのにアホみたいに7時間飲み続けてくれた女性がいてました。
飲み過ぎて最寄りの駅を通り過ぎて往復しちゃうくらい付き合ってくれました。
本人は楽しいから飲み過ぎたなんて軽く言ってくれてますが、きっと落ち込んでる自分に気を遣ってくれたんやろうなぁって、そんな部分もあるんやろうなぁって勝手に思ってます。こんな人、どこ探したっていてないでしょう。。どこを探しても代わりがいない唯一無二で私が全国に誇るベルツリーな人です。私個人としても大切な友達です。
本人にありがとうの言うタイミングを逃してしまったので、いつか彼女に恩返ししないといけないですね。。その恩返しはベルツリーの再建だと思ってます。彼女が大阪に帰ってきた時には楽しいベルツリーをお届けしないといけませんね。

不甲斐なくて人望がなくて大切なサークルを潰してしまった自分なんかの為にみんな優しいです。こんな人達に支えられてるんやなって改めて感じましたね。感謝しかありません。
練習も飲み会も付き合ってくれた人ありがとうございました。
辛くてとても傷ついた気持ちも、たった一瞬ではありますがほんの少しだけ気が楽になりました。とても救われました。

ベルツリーはわずか 64人でリスタートします。
このわずか64人は私を信じてもう一度一緒にベルツリーでやりたいと言ってくれた人達です。

ですが、もちろんこんな人数で安定、健全運営なんてとてもじゃないけど出来るなんて思ってません。それはこの6年間でハッキリわかってる事実です。このままではベルツリーは潰れてしまいます。
どこまで出来るかわかりませんがココからもう一回、初めての方に参加してもらいながら一緒に進んでいける人を探して少しずつ増やしていくつもりです。

私が一緒に出来る人とベルツリーは前に進みます。逆に言えば私が一緒に出来ない人はバッサリ切り捨てます。
ベルツリーを守るためなら手段は選びません。
私の考えはブレませんし貫き通します。
どれだけ厳しい話しだろうが辛い話しだろうが容赦なくやります。私が本気になればチームごとリセットするという事もメンバーには伝わったと思います。
私はベルツリー、そして即座に戻ってきてくれた現メンバーを大切にします。

このチームは二度と隠し事がなく、誰も傷つかない、、傷つけない、、裏切らない、、信頼関係を大切にできる、、そんなチームに仕上げます。
時間はかかりますが必ずみんなに心の底から楽しいって思ってもらえる様なチームにしたいと思ってます。

その為には私自身がもっとみんなの心の中に刺さる人でないといけないですね。
前回は私に信用と人気が全くなかったから、
その結果、たくさんの人が傷ついてしまう事にまで発展してしまいました。

今度はもっと色んな人の声に耳を傾けて全力でぶつかって自分をさらけ出して、みんなの心の声に寄り添いたいと思います。みんなから信用される管理人にならなきゃいけないと反省してます。

このベルツリーに対して自分の出来うる限り全力で取り組みますので改めまして宜しくお願いします。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)